交通事故治療の対応について~事故処理のしおり~

治療の方法

医療機関を受診するときには診療の方法を選ぶことができる。
その方法には二種類あり、自由診療に分類されるものと保険診療である。
日本は国民皆保険制度が普及しており、基本的に治療は三割が事故負担とされ、後は国が保障してくれることになっている。
毎月の給与からこれらの料金は支払われており、国民全体から徴収することによって、この制度は支えられている。
交通事故では多大なダメージを追うことになり、交通事故治療にかかるお金は事故の程度によって変化し、症状が重いほど高額な医療費になる。
例え交通事故治療が高額になったとしても、一部は国が保障してくれるので、治療費を抑えることができるのである。
健康保険以外に、労働者災害補償保険制度という制度も保険診療に適用されており、仕事中に事故に遭遇した場合の交通事故治療について保障してくれる。

交通事故治療のとき、保険を適用した方が良いのは以下のパターンである。
それは、自身も過失が認められる場合である。
完全に開いてに落ち度がある場合、保険会社から保障金が降りるので、それを交通事故治療にあてることができる。
そうなれば高額だとしても自由診療で良い。
しかし、自身の過失が認められる場合は損害賠償を請求されることがあるため、このとき健康保険や労災保険を使えば医療費が安くなる。
相手に過失があったとしても、健康保険が使えるのであればなるべく健康保険や労災を使って交通事故治療を行ったほうが良い。
120万円を超える治療の場合、健康保険では保障してくれないので、大きな症状が出ている場合は自由診療でも良いことになる。
その場合、治療する医院の名前を保険会社に伝える必要がある。